ヘアサロン

当サイト内の商品紹介の中で軽く触れているコラムもありますが、今回はまだ該当コラムを読んでいない方のために頭皮に効果的なシャンプーの方法やトリートメントの適切な使用方法、ブラッシングの有用性やシャンプー・トリートメント・コンディショナーの違いまで紹介していきます。

シャンプー・トリートメント・コンディショナーの違い

普段、何気なく使用しているシャンプーやトリートメントですがその種類の違いなど把握している方は以外と少ないように思います。

シャンプー

シャンプーとは

シャンプーは頭髪および、頭皮を洗浄するための洗髪剤です。基本的には3種類あります。界面活性剤にどの成分を使用しているのかで少し変わってきます。

一般的な洗髪剤に比べ、洗浄力を抑え、乾燥体質の方におすすめのアミノ酸シャンプーや身体にやさしいノンシリコンシャンプーなどがあります。

石鹸系

石鹸系シャンプーがこれまでに洗浄成分としての歴史がもっとも古く、ながく人に愛されてきた定番のシャンプー(洗浄成分)です。【特徴】は、洗浄力が高めで乾燥体質の方には不向き、脂性肌の方には適しています。

頭皮はスッキリと爽快感は出るものの反面、毛髪に関しては洗い上がりのキシみやゴワゴワした感じがあるのも特徴です。洗髪後の毛髪が中性~アルカリ性に傾くのも特徴で、とくにハイダメージの毛髪はリンスを使用して弱酸性に戻してあげると良いです。

【メリット】
✓天然素材なので分解性があり、環境にやさしい
✓洗浄力が強くしっかり洗浄できる
✓コスパにすぐれている

【デメリット】
✓泡立ちはあまり良くない
✓頭皮に残りやすい成分でフケを発症する恐れがある(洗い流しはしっかりと)
✓使用後は毛髪がアルカリ性に傾くため、中和剤としてリンスを使用するのが好ましい

アミノ酸系

近年勢力を伸ばしてきているのがアミノ酸系の界面活性剤です。【特徴】は<低刺激でやさしい洗浄力>であり、これまでの定番であった石鹸系の洗浄力と違いマイルドな洗浄力はバランスのとれた洗浄力です。

乾燥肌の方や、フケで悩んでいる方、頭皮のかゆみを感じている方にはおすすめです。(フケや頭皮のかゆみは乾燥が原因であることが多い)洗浄力を抑えている分、シャンプー使用後の毛髪の乾燥は感じにくいです。

【メリット】
✓マイルドな洗浄力で頭皮や毛髪への負担が少ない
✓泡立ちがキメ細かいので頭皮や毛髪にやさしい

【デメリット】
✓製造コストの関係上、市販のシャンプー(石鹸系)等に比べると価格が高い
✓ドラッグストアやコンビニでは入手しにくい

(当サイトで紹介している商品の多くは現在主流となってきているアミノ酸系シャンプーです)

高級アルコール系

「洗浄力、刺激共に強い」
こちらの界面活性剤シャンプーも洗浄力の強さや成分の安定性、価格のやすさから多くのシャンプーに採用されています。刺激の強さから頭皮にトラブルを抱えてしまう方も多く、昨今のノンシリコン、アミノ酸など健康志向へシフトチェンジする流れを作ってしまった張本人でもあります。

ちなみにここでいう[高級アルコール]の[高級]は貴重なものという意味ではなく、分子構造上の区別としての[低級、高級]の中での[高級]のことをいいます。

【特徴】はとにかく製造コストが安価なため、シャンプーのみならずボディソープや台所用洗剤、また工業製品としても使用されているある種メジャーな界面活性剤です。

やはり元美容師としても個人的に進言したいのですが、この(高級アルコール)成分配合のシャンプーは避けた方が良いです。

脂性肌の方はデフォルトとして、石鹸系をチョイス、自身は脂性よりでないという方はスタンダードとしてやはりアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

【メリット】
✓泡立ちがよく短時間でしっかり洗髪できる
✓価格は比較的安い

【デメリット】
✓洗浄力が協力で、洗いあがりの頭皮の乾燥やかゆみの原因になる恐れがある
✓刺激が強く、かぶれやかゆみの原因、フケ発症の原因になる恐れがある

トリートメントとは

トリートメントは傷んだ毛髪の手入れ、修復をするケアアイテムです。コルテックスと呼ばれる毛髪内部に栄養成分を届け、ダメージ修復をする役割を果たしています。例えるなら、スキンケアでの美容液のような役割です。

しかしトリートメントにも様々ありますのでどれを選べばよいか迷います。しっかりと製品を把握し自身の髪質、悩みにマッチしたトリートメントを選定しましょう。特に無い方は毛髪の補修効果を大きめのウエイトで選定していきましょう。

トリートメントを使用する前に

トリートメントは洗髪後にしますが、しっかりとシャンプー剤を洗い流してからトリートメントをしていきます。シャンプーが残っていますとトリートメントが毛髪内部に浸透しにくくなってしまいます。感覚的にはしっかり流した!と意識してからもう一度洗い流すくらいの意識が良いです。

トリートメント塗布前には毛髪の水気はある程度切りましょう。水分が多い程、トリートメントの効果は薄まってしまいます。とは言っても水分の切りすぎも【浸透】を考えるとよろしくありません。馴染みを考え、ある程度の感覚で水気を取れると良いです。

【ポイント】
馴染ます際には、【櫛(クシ)】を使用すると手櫛よりも、効率よく毛髪全体に馴染ませることが出来ます。また、浸透を考えた時に、トリートメントを浸透させる意識で毛髪をニギニギするのも効果的です。

使用後はすぐに洗い流さずに、数分間放置タイム(浸透のため)を設定します。その際は蒸しタオルでトリートメントの浸透を促すのも効果的です。

Pointトリートメントは毛髪に塗布しましょう。洗い流す時もしっかりと洗い流してください。頭皮に残ってしまうと毛穴を詰まらせる恐れがあります。

リンス・コンディショナーとは

リンスとコンディショナーは呼び方は違えど効果は同じものと考えてください。

トリートメントは内部からケアしていく反面、リンス・コンディショナー(以下、リンス)は毛髪の表面<キューティクル>を保護する役割があります。リンスは毛髪の外側をケアするもの、トリートメントは内部からケアするものと覚えると把握しやすいです。

【注意点】
リンスに含まれるコーティング剤は、頭皮にも膜を形成してしまい毛穴を詰まらせる原因にもなりますから使用時は頭皮に塗布しないよう配慮する必要があります。

【傾向】
近年はアミノ酸シャンプーが台頭してきたこともあり、リンスはあまり使用されなくなりました。

というのも最近のシャンプーは質が上がってきており、洗髪後に皮脂を必要以上に除去せず程よく皮脂を残して油分を感じさせてくれるシャンプーが登場しているということが背景にあります。

あくまでも傾向ですので、最終的にはご自身の頭皮・毛髪と相談して最適なヘアケアアイテムをチョイスしてください。

日本人はシャンプーしすぎ!?

世界レベルで見て日本人はそのまめな国民性が影響してなのか洗髪しすぎる傾向にあります。

現状、特に毛髪や頭皮に悪影響が出ていなく良い状態をキープ出来ている方は良いのですが、毛髪のパサパサが気になる方や頭皮がかゆい方は一度シャンプーの回数も調整してみると良いかもしれません。

洗髪頻度としては2日に1回程度がベストと言われていますが、個人の調子に合わせ調整してください。

【ブラッシング】のすすめ

ブラッシングには大きな効果があります。入浴前にヘアーブラシを使用して【ブラッシング】しましょう。

ヘアーブラシにも形状は何種類かありますが、代表的なものはこのような形の商品になります。
ヘアブラシ

シャンプー前にブラッシングをして毛髪に付着した汚れやホコリなどを除去しましょう。

順序としては

1・毛先からブラッシングしていきます

2・徐々に根本の方から毛先へとブラッシングしていきます

注意点としては、毛髪の毛先から根本へと逆にブラッシングしない。(理由:毛髪のキューティクルは根本から毛先へ向け重なっているため)

濡れた毛髪へブラッシングしない。(髪の毛が傷つくため)ゆっくりブラシを動かす事を意識する。(摩擦による毛髪へのダメージを防ぐため)

この行程では毛髪の静電気によるホコリなどの除去・毛髪の絡みを取り除いておくなどの効果があり、洗髪時の泡立ちもよくなります。

正しい洗髪方法

シャンプー女性

上記で説明したブラッシングが終了した後に洗髪します。

シャンプー剤を付けていく前に、素洗い(プレシャンプー)を行います。(適温は38度前後)ちょっとぬるいくらいを目安とします。

シャンプーは手に付けた後泡立ててから頭皮に付けていきます。シャンプーは毛髪をこするように行うのではなく、頭皮の洗浄である事を意識し、頭皮の血行促進を兼ねてマッサージも行うとより効果的です。マッサージの際は同じリズムで均等にしていくと尚良いです。

洗い流しはしっかりと行いシャンプー剤が頭皮に残らないように注意します(頭皮の毛穴詰まり防止のため)

適切なトリートメントの使用方法

トリートメント使用時は、なるべく根本は避け毛髪にのみ塗布していくことを意識します。

その際、コーム(櫛)などで毛髪を梳かしながら揉み込むようにするとよりトリートメントが毛髪内部に浸透します。

適切なリンスの使用方法

リンス(コンディショナー)使用の際は上記で紹介したトリートメントの適切な使用方法と同じ要領でOKです。

サロン専売メーカーについて

近年は様々なケアアイテムが登場していますが、筆者が中でも経験を通してこのアイテムが良かったといえる商品がありますので紹介しておきます。

近年なんかはやはりジョンマスターが個人的におすすめですが、ハホニコというメーカーのケアアイテムが優秀でした。

私が当時勤務していたサロンで初期の頃からトリートメントはサロン専売メーカーのハホニコ(ラメラメTr)というトリートメントを別メニューでご用意していました。

実際に施術していてハホニコトリートメントは優秀で、さすがサロン専売メーカーだと思いました。

該当アイテムは行程的には4段階あるので一般の方がいざ行うには少々大変ですが(むしろ入手不可!?)アイテム使用後の毛髪はとても美しくなりました。

アイテムなんてどれも同じと言われる方がたまに居ますが、全然違います。これは経験談です。

また、ヘアケアアイテムに関して調査していたところハホニコのECサイトを発見しました。

サロン専売メーカーのアイテムもネットで購入できるようになったのですね。・・・しかしそれでは専売と言わないのでは!?

専売品について

サロン専売メーカーと言われている製品も現代ではネットで出回るようになっている時代です。

メーカーや該当製品によっては価格競争やプレミア感を出す等の目的のために契約サロン等以外での一切の販売・転売等を禁止しているメーカーや製品もあります。

過去には専売品を流通させたとして書類送検される件がありました。

引用:朝日新聞デジタル

上記の事からもわかるようにサロン専売品には一般に流通しないだけ価値があると言えます。

仮に専売メーカーが許可しECサイトからの購入経路があったとしても、いざ手に出来るその製品はメーカーが用意している一部の製品である可能性があります。

実際にサロンだけにしか卸していない製品が他にある可能性もあります。(詳細は各メーカーにお問い合わせください)



サロン専売メーカーの情報を得る機会もあまり無いかと思います。市販品と比べても確かな製品力があるのは確かです(実感に個人差あり)

話しが少しそれましたが、選択肢は多い程良いです。現代では実に様々なヘアケアアイテムや美容アイテムが世に出ています。

あれこれ探して試すのも楽しめますし、ご自身に最適な製品が見つかります。

今回ご紹介した基本的な使用方法は抑えてBeautyを楽しんでください。